玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え

Contents

賃貸で現地でのチェックポイントを知っておく

玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え 賃貸で現地の下見をしないで物件の申し込みをして契約してしまって、入居する時になり思っていたのと違うといって契約解除をしたいケースもあります。そしてもちろん一端契約をした場合には解除しても仲介手数料や場合によっては礼金も返って来なくて、家賃も1か月分はしっかり払わなくてはならないということがあり、かなりの出費が必要となります。そして現地を見ないで契約をするとトラブルが多いので、現地を見ないと契約はしないと決めている不動産会社もあるぐらいです。そして周辺には何があるか、そして建物はどのような様子なのか、室内の様子など現地でわかることはいっぱいあり、どんなに忙しくても必ず現地に足を運んでください。

現地チェックは2回行ってみることが大事です。昼と夜の2回で、昼間は明るくて人通りが多くて、駅からの道も心配ないようなところであっても夜になれば荷人気がなくなって寂しい通りになって、夜遅くに女性一人で帰宅するような危険なこともあったりします。そして建物も電灯があまりなかったり、死角の多いような建物や密室となるエレベータがあると危険が増えます。そして実際に一人暮らしであれば平日は学校やお仕事があってなかなか2回行くことは困難です。ですが丸一日をお部屋探しの日として昼と夜行ってみればいいです。


Copyright(c) 2022 玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え All Rights Reserved.