玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え

Contents

賃貸では家賃は無理押し付けないで交渉をする

玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え これから借りていく賃貸のお部屋の家賃は少しでも安い方がうれしいですが、それなら契約をする前に家賃交渉をして下さい。そしてまずは家賃交渉の前に一つ覚えておきたいことがあり、それは家賃交渉は人と人の交渉であると言ったことです。そしてこの家賃安くしてくれるように大家さんに頼んでもらいたいと、不動産会社の担当者にゴリゴリ詰め寄ってみても、担当者は困ってしまうでしょう。実際に安くするのかといったことを決定するのは大家さんで、不動産会社の担当者が決定できることではありません。そして担当者からうまく大家さんに交渉をしてもらうためには、まず担当者に無理を押し付けないことが大事です。そして相手の情に訴えるといったことではないですが、人と人との交渉事には相手を不愉快ない気分にさせないことが大事です。

そしてもう一つ借りる予定がない物件の値引き交渉はしないことが大事で、興味本位で、この物件安くなりませんかと聞いて、不動産会社から大家さんに交渉してもらってせっかく安くなってもやっぱり借りないというのでは、交渉した不動産会社も大家さんからの信頼をなくしてしまうでしょう。そしてあと3000円安くしたら借りるといった、借りることを前提にした交渉をしてください。


Copyright(c) 2022 玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え All Rights Reserved.