玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え

Contents

賃貸で管理費のことについてよく分かるようになる

玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え 賃貸でお部屋を借りたときに家賃以外に毎月必要になってくるお金がありますが、管理費のことで、場合によっては共益費と呼ばれることもあります。そしてその金額はいろいろで、1000円のこともあれば何万円ということもあります。そしてさらに管理費がないという物件もあります。どうしてこんなに差があるのでしょう。賃料とは当然そのお部屋を借りるために支払っていくお金ですが、それでは管理費は何に対し払っているお金でしょうか。マンションやアパートはかならず共用部分があって、共用部分はその建物の入居者が強要に使う部分のことで、エントランスホールやエレベータやオートロックなどちょっと高級なマンションであれば宅配ボックスや各場所の電灯などで、こうした入居者はみんなが使う設備を維持していくために必要な費用が管理費ということです。

もちろんそこには共用部分の清掃代や点検量も含まれており、こうした年間費用を見積もって、住戸数や月割りしたものが管理費になります。そして、設備がハイグレードなものや多いものや総戸数が少ないものは管理費が高くなるといったことが道理です。そして、マンションでも管理費がないといったケースがありますが、大家さんにしてみると賃料+管理費が収入となり、総額でどれぐらいの収入があるのかがはっきりしていると、管理費を別にしないで、賃料にふくむことがあります。


Copyright(c) 2022 玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え All Rights Reserved.