玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え

Contents

目的が変われば賃貸物件が向いている

玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え 結婚し出産という人生の大事な節目には新しい新居でスタートさせたいものです。その為の手段として、新築の分譲マンションを買うという方法と新築の賃貸マンションに入居する方法があります。その場合ペットと住みたい場合、郊外の戸建てや、ペットが飼える分譲マンションやペット可の賃貸物件に住むということになります。新婚当初は便利でおしゃれな場所や子供ができれば、近くに大きな公園のある郊外で育てたいと思ったり、年をとると、便利で静かな場所に住み、畑仕事をしたくなるといった、暮らしにおける目的も年齢によって変わります。

将来は自分がどのような暮らしを望むようになるかわかりません。その状態で手段である住居を決めてしまうのは、もったいないことでもあります。都市部の分譲マンションを買えば、子供が交通量の多い道を通学すれば心配しなければいけません。又、郊外に買えば長時間の通勤時間で疲れたり老後は買い物などが不便になったりします。しかし不便に感じることなく納得すれば家を買ってもよく、しかし、将来は分からないが、その時々の理想を実現できるように暮らしたい、柔軟な暮らしがしたいと考えている人であれば、今決断して購入しなくても賃貸でもいいのではないでしょうか。


Copyright(c) 2022 玄関ポーチで賃貸の価値を決めるという考え All Rights Reserved.